本になりました「失礼のない英語の話し方」発売中 ボタン

would、used to違いと使い方

would、used to 違いと使い方

過去の習慣を表す「昔はよく~した」は、would や used to が使われますが、それぞれ使い方に違いがあります。ここでは、それぞれの違いと使い分けを紹介します。

実際に英語で会話をしている状況をイメージしながら覚える事をお勧めします
そうすることが、きっと英語を自然に話すための近道になります

和訳を直訳に近い表現にして、意味と丁寧さを合わせています
和訳を見れば英語の言葉のイメージが分かります
多くの例文をみてニュアンスの違いを感じてください

目次

過去の習慣的な動作や行為

would と used to 両方使えます。

I used to play tennis.
I would often play tennis with my friends when I was a kid.

昔はよくテニスをした。
子どもの頃は友達とよくテニスをした。

一般に wouldは「when I was a kid」のような過去を表す言葉と一緒に使われます

過去の状態

used to だけ使えます。

I used to be popular with girls.
 I know.
She used to be pretty.
 Don’t joke.
 She is, and always will be, pretty.

昔は女の子にもてたんだ。
 知っているよ。
彼女はかわいかった。
 冗談じゃない。
 今も、これからもかわいい。

ナゾ
怪しい

両者には次のような違いがあります
would :昔に意識がある「昔はよく〜した」(過去を表す言葉と相性が良い。今しているかは無関係)
used to:今に意識がある「今は違うが、昔は〜だった」

動詞の分類

両方が使える動作動詞と、 used to だけで使える状態動詞の主なものは次の通りです。

動作や行為(両方使える)

動作動詞:go, do, eat. sleep など

昔はよく映画館に行った
昔はよくたこ焼きを食べた
昔は日曜の朝は遅くまで寝ていた

状態 (used to のみ使える)

状態動詞:be, like, have, live など

昔は犬が好きだった
昔はたくさん友人がいた
昔、イギリスに住んでいた

例外

I lived in Tokyo for two years.(2年住んでいた)
具体的な期間が入ると過去形になります
限定した期間なので、「昔は~だった」のイメージに合わないようです

I used to live in Tokyo for many years.(数年住んでいた)
でも、具体的でない数年だとused to が使えます

ナゾ
Oh boy! Too hard for me.(マジで!助けて)

お疲れさまでした。





英会話レッスンの一覧はこちらです


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる