本になりました「失礼のない英語の話し方」発売中 ボタン

英語の時制一覧!イメージの違いをわかりやすい説明で紹介

英語の時制一覧

英語の時制についてイメージの違いを説明します

英語の時制は次のものがあります

  1. 現在形(do)する
  2. 過去形(did)した
  3. 未来形(will do)するだろう
  4. 進行形(be boing)(今)している
  5. 完了形(have done)(今まで)していた

これらの組み合わせもあります
会話や文章でいろいろな状況を説明する重要な形ですね

これ以外にも時制の表現があります

  1. 予定(be going to)するつもり
  2. 習慣(used to)よくやっていた

それぞれについて、基礎となるイメージを見ていきましょう

目次

時制のイメージ

現在時制の例文

I study English.

勉強します

I’m studying English now.

今勉強しています

I’ve studied English for a hour.

1時間勉強しています

I’ve been studying English for two hours.

2時間勉強をし続けています

I’m tired.

疲れた

It always rains in June.

6月はいつも雨が降るなあ

Has it stopped raining yet?

雨はもうやんだ?

No, it’s raining.

いや、降っている

Then…

それから…

It’s been raining for two hours.

二時間降り続いている

現在時制のイメージ

現在時制イメージ
現在時制SP用

現在形は、全期間で区切がなく、今していることです
現在進行形は、期間の区切りがあり、今していることです

現在形と現在進行形の違いは、いつもしているか今の期間だけしているかの違いです

現在完了形は、期間の区切があり、今までしていたことです

進行形と完了形の違いは、今時点のことと、今までの期間のことの違いです

現在完了進行形は、期間の区切があり、今までの期間続いていることです

完了形と完了進行形の違いは、今ままでの期間のことと、今までの期間続いていることの違いです
この2つは似ています
日本語で「今までしている」と「今までし続けている」の語感の違いと似ています
話をしているそれぞれの状況で、どちらを使うかはだいたい決まってきます
それぞれの状況で、どちらが普通の言い方か、語感がいいかになりそうです

基本はイメージ図の通りです
ただし、いろいろな状況をこの構文で表現するためイメージ図と合わないことが起こります
例えば、未来のことなのに現在形を使う場合があったりします
詳細は別途まとめる予定です

過去時制、未来時制のイメージ

過去未来時制イメージ
過去未来時制SP用

過去時制は、話している状況が現在ではなく過去のことです
話している時点が過去の違いだけで、進行形や完了形の使い方は同じです

未来時制も同様で、話している時点が未来の違いだけです

完了形について

規則に従って構文ができるという話で、会話ではあまり使わない時制があります

次の3つは会話ではほとんど使わないようです
①過去完了進行形、②未来完了形、③未来完了進行形
ほかの言い方で簡単に表現しても状況が伝わるからです
会話では、わざわざ難しい表現にしないのが自然です

時制の種類と意味

時制12種類

時制は次の12種類です

  1. 現在形     I do
    する
  2. 過去形     I did
    した
  3. 未来形     I will do
    するだろう
  4. 現在進行形   I am doing
    (今)している
  5. 過去進行形   I was doing
    (その時)していた
  6. 未来進行形   I will be doing
    しているだろう
  7. 現在完了形   I have done
    (今まで)していた
  8. 過去完了形   I had done
    (その時まで)していた
  9. 未来完了形   I will have done
    しているだろう
  10. 現在完了進行形 I have been doing
    (今まで)し続けている
  11. 過去完了進行形 I had been doing
    (その時まで)し続けていた
  12. 未来完了進行形 I will have been doing
    (その時は)し続けているだろう

そのほかの形

時制を表すそのほかの形があります

  1. 未来(予定)  I am going to do
    し始めている
  2. 過去(予定変更) I was going to do
    しようとしていた(決めていたけどしてない)
  3. 過去の習慣   I  used to do
    よくやっていた
  4. 現在の習慣   I am used to doing
    慣れている(よくやっている)

will    :単にこれからする
be going to:し始めている(going)
こんなイメージの違いですね

used to はしたことがあるではなく「よくしていた」イメージがあります
また、「していた」という「今はしていない」イメージを含みます

受け身

時制ではありません
進行形受け身構文が似ています
紛らわしいので一緒に説明します

  1. 受け身(現)   I am done
    される
  2. 受け身(過)   I was done
    された
  3. 受け身(現進)  I am being done
    されている
  4. 受け身(過進)  I was being done
    されていた
  5. 受け身(現完進) I have been done
    され続けている
  6. 受け身(過完進) I had been done
    され続けていた

時制の構文の形

主語に続く動詞の形は次のようになります

動詞(do, did)

(現在、過去)

be + 動詞(doing, done)

進行形受け身

be + being + 動詞(done)

受け身

will + 動詞(do)

(未来)

will + be + 動詞(doing)

進行形

will + have + 動詞(done)

(完了形)

will + have + been + 動詞(doing)

進行形

have + 動詞(done)

(完了形)

have + been + 動詞(doing, done)

進行形受け身

動詞の形(現在、過去、現在分詞、過去分詞)
do   現在
did  過去
doing 進行形
done  完了形、受け身

時制の一部は動詞の形で判断できます
doing進行形で、done完了形です
ただし done の場合、この前に be動詞 がくると受け身になります

どっち?

① He’s doing.
② He’s done.
is と has は主語につなげて発音すると、どちらも同じになります
それに続く動詞で意味を理解することになります
①が進行形(今している)で、②が完了形(今までしていた)です

doing:進んでいる
done :終わった
こんなイメージが合いますね

時制の構文とそれぞれの意味

ここまで説明してきたことは知識として覚えるのはいいです
でも、言葉の意味を覚えるのはここで説明する順番がいいと思います

会話で出てくる順番を意識したものです
語感で意味が理解できれば会話が楽になります

時制を表す言葉の順番(英語と日本語の違い)

時制を表す言葉は、日本語では最後に出てきますが、英語では最初に出てきます
この順番に慣れてないと聞き逃します
日本人は無意識に話の最後を注意して聞いているためです

会話ではこの順番に出てくるので、慣れないと意味の理解が遅れます

構文と意味

I do

する

I did

した

I am doing

(今)している

I was doing

(その時)していた

I am done

される

I was done

された

I am being done

されている

I was being done

されていた

I will do

するだろう

I will be doing

しているだろう

I will have done

していただろう

I will have been doing

(その時は)し続けているだろう

I have done

(今まで)していた

I had done

(その時まで)していた

I have been doing

(今まで)し続けている

I had been doing

(その時まで)し続けていた

I have been done

され続けている

I had been done

され続けていた

going と used

I am going to do

し始めている

I was going to do

しようとしていた

I used to do

よくやっていた

I am used to doing

慣れている(よくやっている)

be動詞は聞き取りにくいですが use to に続く動詞がdo か doing かで判断できます

used to do   :よくやっていた
be used to doing:よくやっている(慣れている)
doing の進行形のイメージがありますね

最後に時制を意識した話を作ってみました
お楽しみください

時制の例文

Hi. How are you doing.

ハイ、元気にしていますか?

It’s 7 now.

いまは7時

Let’s talk.

お話しましょう

I met my friend today.

今日友達に会ってきました

I hadn’t seen her in ten years.

十年ぶりに

Then I came home at 6.

そのあと6時帰宅

And I’ve just cooked.

そして今まで料理でした

I always cook.

料理はいつもしているよ

And I’m eating right now.

それで今は食事中

At this time yesterday, I was eating.

昨日も7時には食事していたなあ

I’m used to cooking.

料理するのに慣れてきたかな

I used to buy a packed lunch.

以前は弁当を買ってたけど

Well it’s been raining since yesterday.

そう、昨日から雨なんだよね

I hope the rain stops.

止まないかな

I was going to travel.

先週旅行しようと思っていたけど

But I couldn’t.

行けなかった

I’m going to travel tomorrow.

それで明日から旅行の予定

I’ll be eating at the hotel at this time tomorrow.

明日の今頃はホテルで食事中かな

I’ll prepare for the trip after this.

よし、このあと準備しよう

OK, That’s it for today.

はい、今日はこんなところです

Thank you for visiting my site.

このサイトを見てくれてありがとう

Have a good day, and I’ll see you soon.

良い一日を、また会いましょう

bye.

バーイ


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる