本になりました「失礼のない英語の話し方」発売中 ボタン

なじみの店!ストーリーで英会話を楽しもう

なじみの店

なじみの店に行く途中で立派なレストランを見かけました
まだまだ敷居が高い高級レストランです
自然な振る舞いをするためには適切なマナーと言葉遣いが必要です
その前に、なじみの店で腹ごしらえ

目次

通りすがりの会話

Rena 立派なレストランですね。
 Joe そうだね。
Rena It is a gorgeous restaurant, isn’t it?
 Joe It sure is.
こんな店に行けるといいな。
 それには、英語だけじゃなくマナーも覚えないとね。
I wish I could go to one like this.
 To do that, you need to learn not only English but also manners.
そうですね。私にはまだ早い。
 君ならすぐだよ。英会話だってこんなに上達しているんだから。
I agree. It is still early for me.
 You can do it before long. Your English has improved so much.

not only English but also manners(英語だけでなくマナーも)
before long(すぐに:長くなる前に)
英語らしい表現です

玲奈

マナーか…

ジョー先生

まずは言葉使いから

豪華な言葉

最上級

豪華なものには憧れます

  • 荘厳な   a magnificent palace(荘厳な御殿)
  • 絢爛豪華な a gorgeous room(豪華な部屋)
  • 輝かしい  splendid jewels(見事な宝石)
  • 上等(最高)superb wines(極上ワイン)ドンペリ?

なじみのある豪華さ

ちょっと飛びぬけすぎ、もう少しなじみのある豪華さです
日本語でも使われているから分かりやすいですね

  • 贅沢な   a luxury room
  • 洗練された an elegant room
  • 上品な   a deluxe room
  • 格調高い  a high-class room
  • とても良い a very good room
  • 快適な   a comfortable room
  • いい    a nice room

なじみの店

こんな会話ができるといいですね

Hi!
 Hey! Thank you, as always.
ここに来ると落ち着く。
 What would you like?
The usual.
こんにちは。
 へい、毎度。
Coming here makes me feel relaxed.
 何にします?
いつもの。

Thank you, as always.(毎度
The usual.(いつもの
日本人は多くを語らず通じ合える関係を好むようです

 Here you are.
 Supreme sushi.
 お待ち。
 特上握り。(¥?0,000-)
あれ?思っていたのと違う。ここは金持ちの彼氏と来ていたとこだ。
What? This isn’t what I expected. This is where I came with my rich boyfriend.
ナゾ

こんな間違えをする人はいません
一応オチをつけておきました

食後のデザートをどうぞ

丁寧なレッスン

今日は丁寧な話し方のレッスンです
日本語のイメージと大体同じです
いくつかのパターン別に説明しています

(1)依頼の助動詞(can / will / could / would)の使い分けで丁寧さが変わります

(2)間接的な表現や、主語を変えれば丁寧さが変わります

(3)より断りやすい表現が丁寧です

(4)反省の言葉は、客観的な表現や将来に言及しましょう

(5)間接的で遠まわしな表現が丁寧です

(6)相手への直接的な指摘は不快感を与えるので言葉を選びましょう

文化の違いで、欧米人は直接的に自分の事を言われるのをとても不快に感じるそうです
日本人の感覚と少し違います
具体的な例を見て表現に注意してください


玲奈

なるほど

この内容がよかったら応援してね!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ      PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次