本になりました「失礼のない英語の話し方」発売中 ボタン

英語で相手を不快にさせる表現と言い換えフレーズ

不快な表現 言い換え表現

相手を不快にさせる表現にyouが主語の直接的な指摘があります
日本人にはそれ程でなくても、欧米人には特に不快感を与えます

日本人は和を大切にしています
欧米人は個人主義で自分の意見を持ち相互尊重します
この文化の違いにより、同じ言葉でも感じ方が違います
和を大切にする日本人の感性ではないので、自分の事を指摘された時の感じ方が違うのです

ここでは、このブログの原案を作るときにネイティブの先生に指摘された表現と、不快にさせない言い換え表現を紹介します

実際に英語で会話をしている状況をイメージしながら覚える事をお勧めします
そうすることが、きっと英語を自然に話すための近道になります

和訳を直訳に近い表現にして、意味と丁寧さを合わせています
和訳を見れば英語の言葉のイメージが分かります
多くの例文をみてニュアンスの違いを感じてください

目次

不快にさせる表現と言い換えフレーズ

不快感を与える直接的な表現です
(uncomfortable:不快)

間接的な表現にしましょう

Who are you?
What’s your job?
あなた誰?
あなたの仕事は?
Can I ask your name?
What do you do?
名前を聞いてもいいですか?
何をしているのですか?

Who are you?(あなた誰?)は直接的で不快に感じます
Can I ask your name?(名前を聞いてもいいですか?)などにしましょう

What’s your job?(あなたの仕事は?)
プライベイトなことは聞かないほうが良く、仕事を聞かれたくない人もいます
What do you do?なら直接仕事を聞いていないので大丈夫です
相手が仕事の話をしたら、そのまま続けて大丈夫です

Why do you say so?
Why did you come to Japan?
あなたはどうしてそんなこと言うの?
あなたはどうして日本に?
What makes you say that?
What made you come to Japan?
何があなたにそう言わせたの?
日本に来たのは何でですか?

Why do you…(なぜあなたは…するの?)
What makes you…(何があなたに…させたの?)
英語では、なぜあなたは…ではなく、何があなたに( What makes you… )を使いましょう

What do you answer?
What’s the matter with you?
あなたは何と答えますか?
あなた、どうかしたの?
How do you respond?
What’s the matter?
あなたはどうしますか?
どうしたの?

What do you… は、How do you… に言い換えられるものもあります

What’s the matter with you?(あなた、どうかしたの?)
What’s the matter?(どうしたの?)
with you(あなたは)を付けなければ大丈夫です

Do you have any idea?
I thought you would know.
何か考えはないですか?
あなたはわかると思ったんだけど。
Can you think of anything?
Think a little harder.
何か思いつかないかな?
もう少し考えてみたら。
Do you understand the difference between these two sentences?
あなたはこの2つの違いわかるかな。
What’s the difference between these two sentences?
この2つの違いは何かな。
Even though I said that, you forgot about me too much.
そうは言っても、あまりにも忘れすぎ。
Even though I said that, I won’t forget about you.
そうは言っても、私は忘れない。

you forgot(あなたは忘れすぎ)
I won’t forget(私は忘れない)
主語を変えるとイメージが変わります

ここで紹介したのは一例です。次の言葉で始まる直接的な表現は注意しましょう
You are….
What are you…?
What do you…?

お疲れさまでした

【なじみの店】に戻る場合はこちら


英会話レッスンの一覧はこちらです


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる