本になりました「失礼のない英語の話し方」発売中 ボタン

たぶん、だと思う(perhaps, maybe, think, guess)違いと使い分け

たぶん

「たぶん」と「だと思う」を直訳に近い言葉に和訳にすると次のようになります
probably(おそらく)、perhaps(たぶん)、maybe(たぶん)、possibly(もしかして)
guess(憶測する)、suppose(推測する)、think(考えている)、believe(信じる)

例文と詳しい説明で、それぞれの使い方の違いを比べてください

実際に英語で会話をしている状況をイメージしながら覚える事をお勧めします
そうすることが、きっと英語を自然に話すための近道になります

和訳を直訳に近い表現にして、意味と丁寧さを合わせています
和訳を見れば英語の言葉のイメージが分かります
多くの例文をみてニュアンスの違いを感じてください

気持ちの伝わる「たぶん、だと思う」

どんな気持ちで「たぶん」と言っているか伝わります

I hope  I love you.
I guess  I love you.
I suppose I love you.

愛していたい。
たぶん愛している。
たぶん愛している。

I think  I love you.
I believe I love you.
I know  I love you.

たぶん愛している。
たぶん愛している。
愛している。

guess から belive までは日本語だと「たぶん」あるいは「だと思う」ですね
直訳にしてみると、それぞれの違いが分かります

  • I hope
    望みは愛している。 愛していたらいいな。
  • I guess
    なんか愛している。 愛していると憶測する。
  • I suppose
    たぶん愛している。 愛していると推測する。
  • I think
    考えは愛している。 愛していると考えている。
  • I believe
    きっと愛している。 愛していると信じる。
  • I know
    確かに愛している。 愛していると知っている。

guess は根拠がない、suppose は根拠はあるかなぐらいのニュアンスです

たぶん

日本語の「たぶん」に対応する表現もあります

probably  おそらく
perhaps  たぶん
maybe  たぶん
possibly  もしかして

可能性が大きく非常にありそう
可能性はある、可能性の大小を問題にしない
perhapsと同義で、口語で多く用いられる
可能性はあるが必ずしも確実ではない

maybe は五分五分ぐらいと言われています

これ以上の確信がある場合は、「確かに」になります

definitely  絶対に
certainly  確かに
surely   きっと

疑いなく信じている
経験などに基づいた信念
主観的に信じている

certainly は「かしこまりました」の場面で使われることもあり、礼儀正しいイメージです
それに対して surely は主観的なので気軽な感じです

微妙なニュアンスを伝えたいときは言葉を使い分けましょう

お疲れさまでした

【自分の道】に戻る場合はこちら


英会話レッスンの一覧はこちらです


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!