本になりました「失礼のない英語の話し方」発売中 ボタン

丁寧なお詫びの仕方!英会話サロン

丁寧なお詫びの仕方

謝りの言葉は気を使います
謝るときは、あなたの気持ちより相手の気持ちを和らげることが大切です
そのためには少し丁寧な言葉がいいでしょう
ここでは、丁寧な言葉にするための方法を紹介します

目次

丁寧な謝り方

丁寧に謝るには、言葉を変えたり、強調したり、文章を長くしたりします
それぞれの違いを比べてみましょう

言葉を選ぶ

My bad.
Sorry.
悪い。
すまん。
I’m sorry.
I apologize.
ごめん。
お詫びします。

省略形を避ける

I’m sorry.
We’re sorry.
ごめん。
ごめん。
I am sorry.
We are sorry.
ごめんなさい。
ごめんなさい。

強調する

I’m sorry.
We apologize.
ごめん。
お詫びします。
I’m so sorry.
We do apologize.
ほんとにごめん。
強く謝罪します。

さらに強調する

I’m so sorry.

I do apologize.
ほんとにごめん。

強く謝罪します。
I am very sorry.
I am terribly sorry.
I deeply apologize.
大変すみません。
大変申し訳ありません。
深く謝罪いたします。

文章を長くする

I am sorry.

Sorry I’m late.

We apologize.
ごめんなさい。

遅れてゴメン。

お詫びします。
I’m sorry I’m late.
I am sorry to be late.
I am sorry for making you wait.
I am sorry to keep you waiting.
We apologize for the delay.
遅れてごめんなさい。
遅くなりすみません。
待たせてごめんなさい。
待たせてごめんなさい。
遅延をお詫びします。

delay は遅刻以外の遅れ、電車で時々見かけます

これに続いて 反省の言葉 が必要なこともあります
悪いと思ったら素直に謝りましょう
言い訳をしたら悪い印象を与えます
あなたの気持ちより、相手の気持ちを和らげることが大切です

お疲れさまでした

【サプライズ】に戻る場合はこちら


英会話レッスンの一覧はこちらです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる